I have a dream! キング牧師が教えてくれる本物の英語とフィーリング


何度聞いても頬を涙が流れ、

すばらしさに感動でしばし動くこともできないのが

キング牧師のアメリカの、いや人類の歴史に残る名演説 I have a dream です。

キング牧師はじめ公民権運動の闘士たちの戦いが、私達日本人にも大きく道を開いてくれていることがわかっている日本人はいったい何人いるでしょう?

本日は数あるアメリカの演説の中でも誰もが最高と認めるキング牧師の I have a dream を 英日対訳でプレゼントします。

mlk 1

実際の演説はこちらをクリックして下さい

 

I am happy to join with you today in what will go down in history as the greatest demonstration for freedom in the history of our nation.
Five score years ago, a great American, in whose symbolic shadow we stand today, signed the Emancipation Proclamation.
This momentous decree came as a great beacon light of hope to millions of Negro slaves who had been seared in the flames of withering injustice.
It came as a joyous daybreak to end the long night of their captivity.
But one hundred years later, the Negro still is not free.
One hundred years later, the life of the Negro is still sadly crippled by the manacles of segregation and the chains of discrimination.
One hundred years later, the Negro lives on a lonely island of poverty in the midst of a vast ocean of material prosperity.
One hundred years later, the Negro is still languished in the corners of American society and finds himself an exile in his own land.
And so we’ve come here today to dramatize a shameful condition.
In a sense we’ve come to our nation’s capital to cash a check.
When the architects of our republic wrote the magnificent words of the Constitution and the Declaration of Independence, they were signing a promissory note to which every American was to fall heir.
This note was a promise that all men, yes, black men as well as white men, would be guaranteed the “unalienable Rights” of “Life, Liberty and the pursuit of Happiness.”
It is obvious today that America has defaulted on this promissory note, insofar as her citizens of color are concerned.
Instead of honoring this sacred obligation, America has given the Negro people a bad check, a check which has come back marked “insufficient funds.”
But we refuse to believe that the bank of justice is bankrupt.
We refuse to believe that there are insufficient funds in the great vaults of opportunity of this nation.
And so, we’ve come to cash this check, a check that will give us upon demand the riches of freedom and the security of justice.
We have also come to this hallowed spot to remind America of the fierce urgency of Now.
This is no time to engage in the luxury of cooling off or to take the tranquilizing drug of gradualism.
Now is the time to make real the promises of democracy.
Now is the time to rise from the dark and desolate valley of segregation to the sunlit path of racial justice.
Now is the time to lift our nation from the quicksands of racial injustice to the solid rock of brotherhood.
Now is the time to make justice a reality for all of God’s children.
It would be fatal for the nation to overlook the urgency of the moment.
This sweltering summer of the Negro’s legitimate discontent will not pass until there is an invigorating autumn of freedom and equality.
Nineteen sixty-three is not an end, but a beginning.
And those who hope that the Negro needed to blow off steam and will now be content will have a rude awakening if the nation returns to business as usual.
And there will be neither rest nor tranquility in America until the Negro is granted his citizenship rights.
The whirlwinds of revolt will continue to shake the foundations of our nation until the bright day of justice emerges.
But there is something that I must say to my people, who stand on the warm threshold which leads into the palace of justice:
In the process of gaining our rightful place, we must not be guilty of wrongful deeds.
Let us not seek to satisfy our thirst for freedom by drinking from the cup of bitterness and hatred.
We must forever conduct our struggle on the high plane of dignity and discipline.
We must not allow our creative protest to degenerate into physical violence.
Again and again, we must rise to the majestic heights of meeting physical force with soul force.
The marvelous new militancy which has engulfed the Negro community must not lead us to a distrust of all white people, for many of our white brothers, as evidenced by their presence here today, have come to realize that their destiny is tied up with our destiny.
And they have come to realize that their freedom is inextricably bound to our freedom.
We cannot walk alone.
And as we walk, we must make the pledge that we shall always march ahead.
We cannot turn back.
There are those who are asking the devotees of civil rights, “When will you be satisfied?”
We can never be satisfied as long as the Negro is the victim of the unspeakable horrors of police brutality.
We can never be satisfied as long as our bodies, heavy with the fatigue of travel, cannot gain lodging in the motels of the highways and the hotels of the cities.
We cannot be satisfied as long as the negro’s basic mobility is from a smaller ghetto to a larger one.
We can never be satisfied as long as our children are stripped of their self-hood and robbed of their dignity by signs stating: For Whites Only.
We cannot be satisfied as long as a Negro in Mississippi cannot vote and a Negro in New York believes he has nothing for which to vote.
No, no, we are not satisfied, and we will not be satisfied until “justice rolls down like waters, and righteousness like a mighty stream.”
I am not unmindful that some of you have come here out of great trials and tribulations.
Some of you have come fresh from narrow jail cells.
And some of you have come from areas where your quest — quest for freedom left you battered by the storms of persecution and staggered by the winds of police brutality.
You have been the veterans of creative suffering.
Continue to work with the faith that unearned suffering is redemptive.
Go back to Mississippi, go back to Alabama, go back to South Carolina, go back to Georgia, go back to Louisiana, go back to the slums and ghettos of our northern cities, knowing that somehow this situation can and will be changed.
Let us not wallow in the valley of despair, I say to you today, my friends.
And so even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still have a dream.
It is a dream deeply rooted in the American dream.
I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: “We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal.”
I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.
I have a dream that one day even the state of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.
I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.
I have a dream today!
I have a dream that one day, down in Alabama, with its vicious racists, with its governor having his lips dripping with the words of “interposition” and “nullification” — one day right there in Alabama little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.
I have a dream that one day every valley shall be exalted, and every hill and mountain shall be made low, the rough places will be made plain, and the crooked places will be made straight; “and the glory of the Lord shall be revealed and all flesh shall see it together.”
This is our hope, and this is the faith that I go back to the South with.
With this faith, we will be able to hew out of the mountain of despair a stone of hope.
With this faith, we will be able to transform the jangling discords of our nation into a beautiful symphony of brotherhood.
With this faith, we will be able to work together, to pray together, to struggle together, to go to jail together, to stand up for freedom together, knowing that we will be free one day.
And this will be the day — this will be the day when all of God’s children will be able to sing with new meaning:
My country ’tis of thee, sweet land of liberty, of thee I sing.
Land where my fathers died, land of the Pilgrim’s pride,
From every mountainside, let freedom ring!
And if America is to be a great nation, this must become true.
And so let freedom ring from the prodigious hilltops of New Hampshire.
Let freedom ring from the mighty mountains of New York.
Let freedom ring from the heightening Alleghenies of Pennsylvania.
Let freedom ring from the snow-capped Rockies of Colorado.
Let freedom ring from the curvaceous slopes of California.
But not only that:
Let freedom ring from Stone Mountain of Georgia.
Let freedom ring from Lookout Mountain of Tennessee.
Let freedom ring from every hill and molehill of Mississippi.
From every mountainside, let freedom ring.
And when this happens, and when we allow freedom ring, when we let it ring from every village and every hamlet, from every state and every city, we will be able to speed up that day when all of God’s children, black men and white men, Jews and Gentiles, Protestants and Catholics, will be able to join hands and sing in the words of the old Negro spiritual:
Free at last! Free at last!
Thank God Almighty, we are free at last!

 

 

(日本語訳)

私は偉大なるアピールとして歴史に残されるであろう今日という日にあなた達とともに参加できて幸せです
100年前、私達が今日立っているところに像で顕彰されている一人の偉大なアメリカ人が奴隷解放宣言に署名した
このきわめて重大な宣言は容赦のない不正義の劫火の中にあぶられていた何百万もの黒人たちに大いなる希望の光となった
それは彼らの果てしなき囚獄に終わりを告げる喜びの夜明けとして訪れた
しかし、100年たった今日、黒人たちはいまだ自由ではない
100年たった今も、黒人たちの生活はいまだ人種隔離の手錠と差別の鎖によって悲しく縛られている
100年たった今も、 黒人たちは物質の繁栄という広大な大海のただ中にある貧困という孤島に住んでいる
100年たった今も、黒人たちは未だアメリカ社会の片隅で惨めに暮らし、自国にいながらも亡命している者のように暮らしている
それ故に我々は今日、この恥ずべき状況を劇的に訴えるべくここに集まった
ある意味、我々は小切手を換金するためにこの首都に来ているとも言える
合衆国建国の父たちが憲法と独立宣言書にすばらしい文言を書き連ねた時、彼らは全てのアメリカ人が引き継ぐことになる手形にサインをした
この手形は全てのアメリカ人、そうだ、白人のように黒人も、生命、自由、幸福の追求という不可侵の権利を保証されるという約束だった
今日、アメリカが黒人の市民に関する限り、この約束手形を不渡りにしていることは明らかである
この神聖な義務を果たす代わりに、アメリカは黒人に不良小切手を渡し続けてきている、そしてその小切手は「不適切な預金」と記されて戻されてきた
しかし、我々は正義の銀行が破産したと思いたくはない
我々はこの国の機会のすばらしい価値の中で「不適切な預金」があるなどと思いたくはない
それゆえ我々はその小切手を換金するために来た、豊かな自由と正義の保証を我々の要求に応じて引き出せる小切手を。
我々はまた、この聖なる場所に、アメリカに現在の危急の時を気づかせるためにも来た。
もはや、冷却期間を置くという贅沢にふけったり、漸進主義という精神安定剤を飲んでるような時間はないのである。
今こそ、民主主義の約束を現実のものにする時なのだ。
今こそ、暗くて荒んだ人種隔離の暗闇から立ち上がり、 人種を超えた正義の日当たりへ進む時なのだ。
今こそ、我々の国を人種の不正義という流砂の底から、堅い兄弟の絆の岩の上に引き上げるときである。
今こそ、全ての神の子たちに対し、正義を現実のものにする時なのだ。
この緊急なる時を見過ごせば、この国には致命傷となろう
この黒人たちの合法なる不満に満ちた酷暑の夏は、自由と平等のさわやかな秋が来ない限り終わることはない
1963年は終わりではなく始まりの時なのである
そして、黒人たちは鬱憤を晴らす必要があっただけだからもうこれで満足だろうと望んでいた人々はこの国がいつもの状態に戻ったならば、揺さぶり起こされることになろう。
そして、黒人たちが公民権を与えられるまでアメリカには休息も平穏もないであろう
この反乱のつむじ風は正義の明るい日が現れるまで我々の国の基盤を揺さぶりつつけるであろう
しかし、私は正義の殿堂へつながる暖かな門口にたつ同志諸君に言わねばならないことがある
正当な場所を獲得する過程で、我々は不正な行為を犯してはならない
敵意と憎しみの杯を飲むことで我々の自由への乾きを癒してはならない
我々は高い次元の威厳と規律で戦いを導いていかなければならない
我々は我々の創造的な抗議を肉体的暴力へと転落させてはいけない
何度も何度も、我々は暴力に精神力で対する荘厳な極みに登らねばならない
黒人社会を包むとてつもない新たな闘志が全ての白人への不信に駆り立ててはならない、なぜなら今日ここに多くの私達の白人の兄弟たちが来てくれている事が証すように、彼らの運命は我々の運命と一つであることを知ったからである。
そして、彼らは彼らの自由が又我々の自由と一体不可分であることがわかったからである
我々は我々だけで歩くことはできない
そして我々が歩くには、我々はいつも前進あるのみだということを我々自信が誓わなければならない。
我々は後戻りすることはできない。
公民権運動に献身する人々に「あなたはいつになったら満足するのか?」と尋ねる人々がいる。
我々は黒人たちが言語に絶する警察の暴力の犠牲者で在り続ける限り決して満足することはできない。
我々は、旅の途中のハイウエイのモーテルや町のホテルで宿泊を拒まれることによって疲労困憊している限り決して満足はできない
我々は黒人の基本的な移動範囲が小さな黒人居住区から大きなそれへである限り決して満足することはできない。
我々は我々の子供たちが「白人専用」という表示によって彼らの人格や尊厳が剥ぎ取られている限り決して満足することはできない。
我々はミシシッピ州の黒人が投票できず、ニューヨークの黒人が投票する対象外ないと考えている限り満足することはできない。
いいや、いいや、我々は満足していない、そして我々は正義が水のように流れ、正しさが本流のようになるまでは満足することはない。
私は君たちのうちいくらかがここに来るのに大変な試練と苦難を通ってきていることを知らないわけではない。
君たちのうちいくらかは、狭い留置場の監房から出たばかりの人もいるだろう
そして、君たちのうちいくらかは、自由を求めたがゆえに迫害の嵐に打たれ、警察の暴力の暴風に圧倒された場所から来た人もいる
あなた達は苦しみを創造してきた強者達だ
引き続き、理不尽な苦しみは正されるという信念を持って戦い続けよう
ミシシッピへ帰りたまえ、アラバマへ帰りたまえ、サウスカロライナへ帰りたまえ、ジョージアへ帰りたまえ、ルイジアナへ帰りたまえ、北部の町々のスラムやゲットーへ帰りたまえ、今の状況がとにかく変わり得て、また変わることを確信しながら。
絶望の谷底でもがくのはもうやめよう、これだけは今日言っておく、我が友人たちよ。
そしてたとえ我々が今日また明日、難しさに直面したとしても、私にはいまだ夢がある。
それはアメリカの夢に深く根ざした夢だ。
私には夢がある、いつかこの国が「我々は全ての人が平等に創造されたという自明の利を支持する」という真の意味を悟り目覚める時が来ることを。
私には夢がある、いつの日かジョージアの赤土の丘で、元奴隷の息子たちと元奴隷所有者の息子たちが共に兄弟として食卓につく日が来ることを。
私には夢がある、いつの日かたとえ不正義と抑圧でうだるような酷暑のミシシッピ州であろうとも、自由と正義のオアシスへと変貌するであろうことを。
私には夢がある、私の4人の子供たちが彼らの皮膚の色ではなく、彼らの性格によって判断される国にいつの日か住むようになることを。
私には今日、夢がある
私には夢がある、いつの日か、あのアラバマでも、あの州権優先と連邦法拒否を唱える州知事と邪悪な人種主義者たちに満ちたあのアラバマでも、いつの日か黒人の小さな子供たちと白人の小さな子供たちが兄弟姉妹として共に手を携える日が来ることを。
私には夢がある、いつの日か全ての谷が高められ、全ての丘や山が低められ、荒れた場所は平らに均され、歪んだ地は真っ直ぐにされ、神の栄光が現れ全ての生けとし生けるものはその栄光を共に見るであろうという夢だ
これが我々の夢であり、携えて南へ帰る信念である
この信念によって、我々は絶望の山から希望の石を掘り出せるであろう。
この信念によって、我々は我々の国の騒然なる不協和音を美しい兄弟愛の和音へ変えることができるだろう。
この信念によって、我々はいつの日か我々が自由になることを確信して、共に働くことができ。共に祈ることができ、共に苦しむことができ、共に留置場へ行くことができ、共に自由のため立ち上がることができるのだ。
そしてまさにその日こそ、全ての神の子たちが新しい意味を込めて歌う日となるだろう。
我が国それはあなたのもの、自由の麗しき国、あなたのため私は歌う。
私達の父祖が死んだ地、巡礼者の誇りの地。
全ての山々から自由の鐘を鳴らそう!
そしてもしアメリカが偉大な国であるなら、これは必ず実現されねばならない。
さあ、ニューハンプシャーのたおやかな丘の上から自由の鐘を鳴らそう
ニューヨークの壮大な山並みから自由の鐘を鳴らそう
ペンシルベニアのアレゲーニー山脈の極みから自由の鐘を鳴らそう
白雪のコロラドのロッキーの山々から自由の鐘を鳴らそう
カリフォルニアのなだらかな山々から自由の鐘を鳴らそう
でも、それだけじゃない・・
ジョージアの岩山から自由の鐘を鳴らそう
テネシーの見張り台の山から自由の鐘を鳴らそう
ミシシッピの全ての丘や塚から自由の鐘を鳴らそう
あらゆる山々から自由の鐘を鳴らそう
そしてこれが起こった時、そして自由の鐘を鳴り響かせる時、全ての村や全ての部落、全ての市や州から自由の鐘を鳴り響かせる時、我々は全ての神の子たちが、黒人も白人も、ユダヤ人も異教の人も、プロテスタントもカソリックも、古い黒人霊歌にあるように共に手を携え歌うことのできる日の到来を早めることができるだろう。
ついに自由になった!ついに自由になった!
全能の神様、感謝いたします、我々はとうとう自由になったのだ!

Leave a Reply

サブコンテンツ

このページの先頭へ